【用語】キャッシュフロー計算書

【用語】

「キャッシュフロー計算書」とは

一定期間の現金の流れを示した表。Cash Flow statement(C/F)。

「キャッシュフロー計算書」をもう少し詳しく

設備を購入すると価格分の現金が減るが、費用に計上されるのはその期に減った価値の分だけ、つまり減価償却費のみとなる。

つまり、損益計算書の費用には減価償却分しか計上されず、現金の動きが見えないため、「キャッシュフロー計算書」が必要になる。

「キャッシュフロー計算書」は、営業活動によりどれだけの現金が出入りしたか(営業活動によるキャッシュフロー)、設備投資や資産売却などの投資活動ではどうか(投資活動によるキャッシュフロー)、借入やその返済などの財務活動ではどうか(財務活動キャッシュフロー)を示す。

一般的には、営業活動によって入ってきた現金が、投資活動・財務活動によって出て行った現金を上回っている状態が望ましいとされている。

「キャッシュフロー計算書」に関する雑記

「黒字倒産」という言葉もあるように、事業の善し悪しに関係なく、資金が詰まれば経営破綻する。

業績を拡大することにより、資金繰りが悪化する可能性があることは肝に銘じておく必要がある。

「キャッシュフロー計算書」の関連ワード

  • 黒字倒産
  • 資金繰り

「キャッシュフロー計算書」の参考資料

  • ドラクエができれば経営がわかる
タイトルとURLをコピーしました