【用語】デューデリジェンス

【用語】

「デューデリジェンス」とは

投資をする際、投資対象の適格性を把握するために行う調査活動全般のこと。

「 デューデリジェンス 」 をもう少し詳しく

デューデリジェンスの目的は、投資対象の適正な購入価格の算定や、対象物件に内在しているリスクを避けることだ。デューデリジェンスが不十分だと、適正価格より高い購入代金を支払わなければならなかったり、購入後に対象物の瑕疵が発覚したりするといった事態が生じる可能性がある。

企業買収時に行われるデューデリジェンスには、事前予備調査と事前詳細調査の2種類がある。

事前予備調査は、買収の基本合意までに行われる買収対象の情報収集と分析を指し、買収の意思決定や買収価格決定の基礎資料となる。

事前詳細調査は、当事者間で基本合意が行われた後、事業や法務、財務などの面から精査し、買収条件や価格算定等の前提条件を明らかにするための調査である。

「 デューデリジェンス 」に関する雑記

ここ数年、業務においてもデューデリジェンスという単語を聞くようになった。個人M&Aにおいても非常に重要なプロセスであり、専門家との協働を検討した方がよい。

「 デューデリジェンス 」の参考資料

  • 経営用語の基礎知識 第3版
タイトルとURLをコピーしました