【用語】固定比率

【用語】

「固定比率」とは

固定資産を株主資本で割った比率。

「固定比率」をもう少し詳しく

固定比率は、固定資産を株主資本で割った値なので、設備投資が返却義務のない株主資本の金額内で行われているかを調べることができる。

つまり、設備投資に無理な金額をかけていないかを確認することができる。

よって、固定比率が高いほど過剰な設備投資をしていると判断することができる。

固定比率は100%以下が安全で望ましいとされているが、設備投資を行うための資金源のうち、負債である長期借入金の割合が高ければ、100%を多少超えていても問題はないと判断することもできる。

「固定比率」に関する雑記

長期に渡って利益を生み出す固定資産が、すぐに返さなければならない短期借入金で賄われているとすれば、まずい状況である。

設備投資をする際は、売上に貢献する期待と会社の財務状況のバランスを見て判断しなければならない。

「固定比率」の参考資料

  • 世界一やさしい会計の本です
タイトルとURLをコピーしました