【用語】棚卸資産回転率

【用語】

「棚卸資産回転率」とは

棚卸資産を月間売上高で割った値。

「棚卸資産回転率」をもう少し詳しく

棚卸資産とは、商品や製品・原材料など、会社が持っている在庫だ。

棚卸資産回転率は、棚卸資産を月間売上高で割った値なので、保有している棚卸資産がどのくらいの期間で売上げに変わるかを見ることができる。

どんな会社でも一定量の在庫が必要だが、在庫が大量にあると売れ残る可能性があり、倉庫代もかかるため、棚卸資産回転率は低いほどよい。

適正な棚卸資産回転率は業界によって変わるが、たいていの業種は1ヵ月以内であれば安全とされている。

「棚卸資産回転率」に関する雑記

調達リードタイムや数量ロット価格の背景から、在庫は一定量必要であるが、食品だと賞味期限、洋服だと流行遅れなどの要因で廃棄のリスクがあるので、棚卸資産回転率は低いほどよい。

市場状況により在庫をどれくらい持てばよいか変動するため、経営戦略の重要ポイントとして定期的に見直していくことが求められる。

「棚卸資産回転率」の参考資料

  • 世界一やさしい会計の本です
タイトルとURLをコピーしました