【用語】純資産

【用語】

「純資産」とは

会社が持つ返却義務のないお金。総資産から負債を差し引くことで求められる。

「純資産」をもう少し詳しく

純資産は、株主に投資してもらったお金である資本金と、会社が稼いだ過去の利益の蓄積である利益剰余金に大きく分けられる。

純資産は返却の必要のないお金(自己資本)なので、純資産を総資産で割ることにより、会社の安全性の指標である自己資本比率を求めることができる。

世の中にはこの純資産がなかったり、もしくはマイナスの会社が多く存在する。その理由は利益剰余金にある。

中小企業では、税務対策として配当を行わず、役員報酬や経費を会社負担にするようにしている場合が多い。つまり利益が出ないようにしているため、利益剰余金は蓄積していくことはない。

そのような状態でいきなり事業的に赤字が出てしまうと、会社として体力がない(利益剰余金がない)ため、資本金以上の額を食ってしまい、純資産がゼロ、もしくはマイナスとなる。会社の資産より負債(債務)が大きい状態を債務超過という。

債務超過になれば、貸し付けたお金が返ってくる可能性が低いため銀行はお金を貸してくれないので、更に危険な状況になっていく。

資本金・利益剰余金・事業の状態をよく観ながら経営してく必要がある。

「純資産」に関する雑記

身近な例としてマンションで考えると、マンションの価値(総資産)からローン残額(負債)をひいた値が純資産ということになりるので、債務超過は危険な状態ということが分かる。

税務対策のため必要のないものを経費で買ってしまい、その後の赤字により債務超過になるということも考えらる。

税金はできるだけ少なくしたいものだが、安全性を高めるために自己資本比率を上げることも検討しなければならない。

「純資産」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
  • なぜ決算書が読めるヤツは出世するのか
タイトルとURLをコピーしました