【用語】損益計算書

【用語】

「損益計算書」とは

一定期間の売上と費用を合計し、売上から費用を引いた利益、もしくは損失を示した表。P/L(Profit and Loss statement)とよばれている。

「損益計算書」をもう少し詳しく

売上から仕入などにかかる原価を引いた利益が「売上総利益(粗利)」で、そこから営業活動に必要な「販売費および一般管理費」を差し引いた利益が「営業利益」である。

さらに営業活動以外で経常的に発生する 金利などの 損益(営業外損益)を差し引いたものが「経常利益」となり、さらに資産の売却や火災等による損失などの一過性の損益(特別損益)を差し引いたものが「税引き前当期純利益」となる。ここから税金を差し引いたものが「当期純利益」だ。

営業活動によりどれだけ利益が生み出せているかを「営業利益」で確認し、さらに金利負担等を考慮してもどれくらい利益が残っているかを「経常利益」で確認する。

「損益計算書」に関する雑記

未上場企業の価格の目安となる式は「純資産+営業利益3~5年分」だが、営業利益を確認するために使用するのが「損益計算書」である。

単年分を見るだけではなく、数年分を通して見てトレンドを確認したり、同業他社と比較することで数字の意味が見えてくる。

デューデリジェンスの際はしっかりと読み解く必要がある。

「損益計算書」の参考資料

  • ドラクエができれば経営がわかる
タイトルとURLをコピーしました