【用語】売上債権回転期間

【用語】

「売上債権回転期間」とは

売上債権(受取手形+売掛金)を月間売上高で割った値。

「売上債権回転期間」をもう少し詳しく

売上債権回転期間を求めることで、売り上げた金額が平均何か月後に現金化されるかが分かる。

売上債権(受取手形・売掛金)は、あくまでも将来現金を手に入れる権利に過ぎないので、いつ現金になるのかが企業の資金繰りにとって大事なポイントになる。

早く現金化できるのが望ましいので、売上債権回転期間は短いほどよい。

売上債権回転期間は、2ヶ月以内が安全とされている。

「売上債権回転期間」に関する雑記

現在抱えている売上債権(売掛手形+売掛金)を月間売上高で割ることで、平均的な売上と現金化のタイムラグを求めることができる。

売上や利益の増加=現金の増加ではないので、企業のHP(ヒットポイント)である現金が枯渇しないように気をつけなければならない。

「売上債権回転期間」の参考資料

  • 世界一やさしい会計の本です
タイトルとURLをコピーしました