【用語】ROA

【用語】

「ROA」とは

企業の持つ総資産に対してどれだけの利益があったかを示す指標で、利益を総資産で割った比率。総資産利益率。Return on Assetsの略。

「ROA」をもう少し詳しく

ROAは、資産全体をどのくらい効率よく運用できているか(資産の額に対してどのくらいの利益を出せているのか)という経営指標だ。

日本の企業はROAが低く、資産が手持ち無沙汰になっている状態と言われている。

未来投資戦略2017」において、「大企業(TOPIX500)の ROA について、2025 年までに欧米企業に遜色のない水準を目指す。」が新しいKPIとして設定されており、日本企業が資産を有効に活かしきれていない状況を読み取ることができる。

「ROA」に関する雑記

資産をどれくらい有効に使って利益を出せるかは、経営者・投資家にとって非常に重要なポイントだ。

上記の「未来投資戦略2017」における新しいKPIだが、KPIなのに詳細な数字がないのには驚いた。

「欧米企業」「遜色のない水準」「目指す」など、曖昧にしたい意図があるのか、非常に不思議だ。

「ROA」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
  • 経営用語の基礎知識 第3版
タイトルとURLをコピーしました