【用語】売上高増加率

【用語】

「売上高増加率」とは

昨年度からの売上高増加分(または減少分)を昨年度の売上高で割った値。

「売上高増加率」をもう少し詳しく

売上高増加率は、昨年度からの売上高増加分(または減少分)を昨年度の売上高で割った値なので、企業規模の成長性が分かる。

数値が高い方がよいが、歴史のある企業は売上高増加率が高くない場合が多く、反対にベンチャー企業では毎年10%以上という場合もある。

企業調査の際は、対象企業がどのステータスにあるのかを確認して売上高増加率を判断する必要がある。

「売上高増加率」に関する雑記

売上高増加率は増収率とも言われ、企業の成長性を確認する指標のひとつだ。

歴史が長く安定した売上げ・利益を出し続けている企業の場合は売上高増加率が0の可能性もあり、他の指標と組み合わせて判断材料とする必要がある。

「売上高増加率」の参考資料

  • 世界一やさしい会計の本です
タイトルとURLをコピーしました