【用語】粉飾決算

【用語】

「粉飾決算」とは

不正な会計処理を行い、故意に決算書の数値を書き換え、会社の財務状況・経営状況を現実とは異なる状態に見せること。

「粉飾決算」をもう少し詳しく

大企業では粉飾決算は株主対策で行われることが多いが、中小企業では銀行対策で実施されるのが一般的だ。

赤字が続き、自己資金である資本を食いつぶしてしまうと債務超過となり、銀行は新規融資の拒否どころか、お金を引き揚げに来る。

粉飾はどのように行われるかというと、債務超過を回避するために、帳簿上の資産を増やしたり、負債を減らしたりする。

粉飾の際、資産を増やすケースが多い。売掛金や在庫を現有より過大に評価し、資産があるように見せかけるのだ。

逆に負債を減らすこともある。買掛金を少なく見せるというものだが、買掛金は先方から毎月のように請求があり、いずれ支払わなくてはいけないものなので、数字をいじるには難易度が上がる。

よって典型的なパターンは、相手の存在しない売掛金があったり、実際には存在しない在庫があったりするというケースだ。

粉飾を見破るには、まずは資産を時系列に並べて比較し、急に売掛金や在庫が増えていないかチェックする。ただし売上が拡大しているとしたら、相応に売掛金は増え、従来よりも在庫が必要となるので、会社情報の擦り合わせが必要だ。

次に、売掛金で期日に回収できていないものがないか確認する。在庫も仕入れた日からの経過日数を見て、長くなっていれば疑わしい。

最終的には現地確認が必要だ。売掛金であれば相手に聞けば分かるし、在庫であれば倉庫に行けば確認できる。

よって、なぜ粉飾するのか、どのように粉飾するのかが分かっていれば、粉飾決算を見破るのは難しくない。会社を買うときは、このようなアプローチを取りながら、何か怪しさを感じたら専門家である公認会計士を入れるようにするとよい。

「粉飾決算」に関する雑記

ニュースで耳にする粉飾決算だが、その理由にもやり方にもパターンがある。

受験と同じで、パターンをいろいろ知っておけば対策可能となるので、事例を調べたり専門家に話を聞くようにしよう。

「粉飾決算」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
タイトルとURLをコピーしました