【TIPS】銀行と良い関係を築く方法は?

【TIPS】

「銀行と良い関係を築く方法は?」について

銀行と良好な関係性を持つ最良の方法は、「借金をして返済する」という実績をつくることだ。

「銀行と良い関係を築く方法は?」をもう少し詳しく

資金繰りが悪くなった時は、銀行からの借入を検討するだろう。

しかし、それが新規借入の場合はどのようなプロセスになるかを考えてみる。

まず、銀行からの審査が必要になる。

融資の申込書を提出するとともに、3期分の決算書を提出し、審査を受けなければならない。

そして多くの新規融資の際、銀行の貸倒れ保険的な組織である「信用保証協会」の審査も求められる。

これらの一連の審査には、かなり時間がかかる。少なくとも2ヶ月は見ておかなければならない。

そして審査に通ったとしても、「まずは少ない額から」となり、希望額を借入できることは難しい。

その場合は、さらに他の貸し手を探さなければならなくなる。

このタイムロスが命取りとなるかもしれない。

そこで、経営や資金に余裕のある時に、銀行から借入をして返済する実績を作っておくことが重要となる。

更には、借りた資金を活用して、設備投資や増員を実施して経営することも重要だ。

そうした銀行との関係性と実績があれば、お金が必要になった時に、比較的簡単にお金を借りられる。

追加融資は、新規融資よりもはるかに早く簡単だ。

なぜなら、その会社の審査がすでに終わっているということもあるが、お金を貸している企業が資金繰りに詰まった場合、銀行からすれば、その会社が潰れてしまえば貸したお金が返ってこなくなるという発想にもなるからだ。

また、地銀や信金は地縁を重視する金融機関であることから、地元の中小企業との関係を重視してくれる傾向があることも覚えておくとよい。

「銀行と良い関係を築く方法は?」に関する雑記

経営や投資の視点では、いかに借金や銀行を活用するかが重要となる。

「銀行と良い関係を築く方法は?」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
タイトルとURLをコピーしました