【TIPS】支払手形が多い会社は要注意!

【TIPS】

「支払手形が多い会社は要注意!」について

自転車操業の可能性があるので、資金繰りをよく確認する必要がある。

「支払手形が多い会社は要注意!」をもう少し詳しく

手形は、買掛金よりもさらに長い期日の支払いとしたい場合に振り出すものだ。クレジットカードのリボ払いのように、3ヶ月後に一部、6ヶ月後に一部を引き落とすようなケースが多い。

会社が倒産するのは、手形の不渡りを出した時だ。仕入れに対する支払いの期日が先になれば、売上金回収までの期間が短くなり、必要な現金が減るので、会社の資金繰りとしては有利となる。しかし、万が一手形が落とせないということになれば倒産する。手形決済のタイミングで現金を準備できなければ会社が終わってしまう。

買掛金であれば、取引先に頭を下げれば、いきなりの倒産を避けることができるかもしれない。手形と買掛金では、失敗した時のインパクトが断然違うため、手形に依存しない経営をしなければならない。

会社を検討する時、手形を多く振り出している会社の場合は、資金繰りの詳細な確認が必須だ。

「支払手形が多い会社は要注意!」に関する雑記

手形は、一般生活では馴染み薄いが、会社の支払方法として現在も使用されている。

手形を発行しすぎると資金繰りの感覚が麻痺してくる上に、遅延した時のダメージが大きいので出来る限り頼らない経営が求められる。

「支払手形が多い会社は要注意!」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
タイトルとURLをコピーしました