【TIPS】会社の価値(価格)

【TIPS】

「会社の価値(価格)」について

・上場企業の場合

 株価×発行済株式数

・中小企業の場合

 純資産+営業利益3~5年分(ひとつの目安として)

「会社の価値(価格)」をもう少し詳しく

上場企業の値段は証券市場に存在する全ての株式を買うために必要な金額と考えればよいので、「株価×発行済株式数」で時価総額を求めることができる。

ただ、市場に売り出されている株を全て買い占めるのは不可能に近い話で、本当にやろうとすれば「プレミアム」がついて莫大な資金が必要となる。

中小企業を売買する場合、売り手と買い手の純粋な「相対取引」となるため、いくらで売買するかはお互いの自由ではあるが、基準となる計算式が「 純資産+営業利益3~5年分 」となる。

現時点でどのくらい資産があるか、そしてこれからどれくらい稼ぐかがポイントになる。

資産と負債の差額である「純資産」は貸借対照表に書かれており、売上と費用の差額である「営業利益」は損益計算書に書かれている。

よって、貸借対照表損益計算書の2つの表から、企業の大まかな値段がわかる。

しかし、その数値通りに企業の価値(価格)を決めればよいというものではなく、資産が本当に記載通りの価値があるのか、今後も過去数年と同様の売り上げがたつのかなどデューデリジェンス(調査活動)を行って決定する必要がある。

「会社の価値(価格)」に関する雑記

非上場企業の価値(価格)に目安となる計算式は重要だ。

参考とした資料には、会社を買うのとマンションを買うのは基本的な考え方は同じとあり、売手の気持ちを考えて進めていく必要があるなと少しイメージを掴むことができた。

「会社の価値(価格)」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
タイトルとURLをコピーしました