【TIPS】流動資産vs流動負債をチェック!

【TIPS】

「流動資産vs流動負債をチェック!」について

会社を調べるときに最初に見なければいけないのは、流動資産と流動負債のバランスだ。

「流動資産vs流動負債をチェック!」をもう少し詳しく

流動資産と流動負債の比率は流動比率とも呼ばれ、会社の短期的な支払能力を表わす。

流動資産は1年以内に現金になる資産、流動負債は1年以内に現金として支払わなければならない負債のことだ。

流動負債には、数ヶ月以内に支払う買掛金や、半年以内くらいの手形、1年以内の短期借入金が含まれる。

流動資産が流動負債より少なければ、そもそも支払いができないということであり、流動負債には手形が含まれているため、不渡りを出せば倒産してしまう。

よって、流動資産は流動負債よりも多くなければならない。一般的には、流動資産は流動負債の1.5倍以上、できれば2倍くらいはあった方がよいと言われている。

もし流動資産が流動負債の1.5倍以下しかない場合は、資金繰り表を作って管理していかなければならなくなる。

在庫の販売時期や、売掛金・売掛手形の現金化(回収)の日程、買掛金・支払手形・短期借入金の決済日はいつなのかを金額を入れながら計算していく必要がある。

「流動資産vs流動負債をチェック!」に関する雑記

経営者は、自社の商品やサービスの品質を確保して売り上げを上げつつ、資金がショートしないように管理していかなければならない。

業務内容や必要な知識は多岐にわたるため、改善やアウトソーシングなどにより、業務効率を上げる活動を継続していくことが重要となる。

継続が重要なのは筋トレも同じだ。

「流動資産vs流動負債をチェック!」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
  • 筋トレ×HIPHOPが最強のソリューションである
タイトルとURLをコピーしました