【TIPS】貸借対照表“在庫”の注意点は?

【TIPS】

「貸借対照表“在庫”の注意点は?」について

実際に売れる市場価格でないこと。

「貸借対照表“在庫”の注意点は?」をもう少し詳しく

在庫の金額の根拠となっているのは、仕入れた時の金額や、その完成品が出来上がるまでにかかった費用である。実際に売れる市場価格ではないことに注意しなければならない。

また、現地で調べてみると、盗難や紛失、横流し等々により存在すらしない可能性もあるので、在庫が存在するか現地で確認する必要がある。

実際に在庫を確認をしてみると価値が下がっている場合があり、価値が下がっている在庫の貸借対照表における金額を下げることを「減損」という。

個人M&A の際は、貸借対照表の在庫の金額を鵜呑みにするのではなく、デューデリジェンスで評価を行い、購入価格に反映させることが必要だ。

「貸借対照表“在庫”の注意点は?」に関する雑記

貸借対照表の「在庫」は、デューデリジェンスの際に詳細に調べないとならない。

また、粉飾決算が行われる場合、「在庫」「売掛金」「買掛金」が操作されることが多い。

「貸借対照表“在庫”の注意点は?」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
タイトルとURLをコピーしました