【TIPS】売上重視を経ての利益重視が大切

【TIPS】

「売上重視を経ての利益重視が大切」について

会社を経営していく上で、売上重視を経てから利益重視に進むという順番が大切だ。

「売上重視を経ての利益重視が大切」をもう少し詳しく

売上がなければ会社は存在しない。

売上を上げるということは、世の中に商品やサービスを生み出し、人々に貢献しているということだ。売上を上げていく中で、無駄なコストがあれば、それを見直すというスタンスが必要となる。

つまり、売上重視の後に利益重視が存在しうるのであり、売上がないのにコストカットはできない。

また、利益重視となって、コストカットばかりしていると、会社を取り巻く人達に無理なしわ寄せが行く可能性が高い。ステークホルダの喜び・満足から生まれるモチベーションが事業を継続させるので、それを断絶させることにもなりかねない。会社は売上と利益の両面を大切にしながら経営しなければならない。

個人M&Aの視点で言えば、売上は大きい方がよい。売上を生み出すのは難しく、小さな組織であればより難しくなります。むしろ、売上が大きい会社を筋肉質に変えていく方が比較的取り組みやすい。

「売上重視を経ての利益重視が大切」に関する雑記

売上がなければ会社は存在せず、コストカットもできないため、まずは売上を重視するいう内容は一理ある。

しかし、少子化・高齢化が進む日本では大局的に経済縮小の流れとなるので、売上を伸ばし続けるということは困難だ。

そのような社会背景も踏まえ、売上・利益の視点を行き来しながら、現在はどちらを重視するステータスかを判断するのが重要だ。

「売上重視を経ての利益重視が大切」の参考資料

  • サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 会計編
タイトルとURLをコピーしました